さらなの給食

食へのこだわり

一人ひとりの習慣に合った食べ方で「食育」を実践しています。
食生活は育児の原点であり、何よりも大切にしたいことです。子どもたちには『食べるのが楽しい・しっかり噛んで、味わって美味しく食べる・自分で上手に食べれるようになる』などの目標を持ち、心と体の成長を助けていきたいと思っています。また、家庭でお母さんが決まった場所で食事をさせるように、保育園でも食事をするところは決まっています。お母さんの代わりが担当保育士です。1人で座ることのできない子どもは、抱いて食べさせます。座って30分以上遊べる子どもは、テーブルで椅子に座って食べるようになります。まずは1対1で丁寧に関わることで、食事の習慣が身に付くように配慮しています。

食材

食材の隅々まで目が届く自園調理だから、安心。
食材は子どもたちに安心して提供できる国内産、新鮮さ、低農薬、地産地消にこだわっています。自園調理のため、出来たての温かい食事を提供しています。

アレルギーへの対応

入園時にお子様のアレルギーに対する聞き取りを行います。
主治医や専門医の診断を受けた食物アレルギーをお持ちのお子さまには、除去食の対応を行っています。診断書等必要な書類を提出していただき、入園前の面談時に主任保育士とご相談いただいて、調理室と一体となって給食を進めていきます。また、代替えの食品を使用するなど、他の園児との差をできるだけ少なくするように努めております。